マイレージも良い、待ち時間を快適に過ごせるビジネスカード。

法人カードでお得な利用を

法人カードマイルプライオリティパス①
会社経営者や個人事業主の方の経費や海外出張などの支払いを効率化する法人カード。

法人カードでの決済で海外出張時にマイル貯めたい貯めたマイルで海外旅行に行きたい!と思う方は多いと思います。

そんな海外へ行く際におすすめする付帯サービスが、空港VIPラウンジを使用することができるプライオリティパス
年会費が約4万円となっていますが、法人カードの付帯サービスとして備わっていることもあります。

発行する法人カードによってはあなたもVIP待遇を受けられるかも?

それでは法人カードとマイルとプライオリティパスの関係についてご説明します。

マイルとの関係

法人カードマイルプライオリティパス②
まずはマイルとマイレージの違いについてご説明します。

マイレージとは航空会社が提供するポイントプログラムであり、マイルはそのポイントプログラムによって貯まるポイントのことを指します。

その貯まったマイルの交換先は商品現金、代表的なものだと航空券などが挙がります。

このマイル交換時に利用額に対していくらの価値のものがもらえるかという数値をマイル還元率と言います。

恐らく当サイトをご覧の方は、貯めたマイルで海外旅行に行きたい方海外出張の多い方のどちらかかと思われますが、共通しているのは海外というワード。
その海外の空港にて重宝される付帯サービスがプライオリティパスとなります。

プライオリティパスとの関係

法人カードマイルプライオリティパス③
プライオリティパスとは、世界130ヵ国500都市1,100ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるサービス。

空港を利用する際、時間に余裕を持ちすぎてしまい、持て余してしまうことがあると思います。

そんな時にこのプライオリティパスを所持していると待ち時間を快適に過ごせる以下の待遇を受けることができます。

・Wi-Fi、インターネットの利用、充電器の貸し出し
・軽食、ドリンクの提供
・シャワールームの利用

一例となりますが、これだけの待遇を受けながら高級ソファーに座って静かな場所で待ち時間を過ごせます。

プライオリティパスで入場できるVIPラウンジは、プライオリティパスを持っていない場合、多額の追加料金を支払わなけば入場できないため、他のラウンジと違い混在していません。

海外出張の方には、特に有り難いサービスですね!

海外出張、または法人カードで貯めたマイルで海外旅行に行く際に利用する空港でプライオリティパスを使用し、快適な空の旅をお楽しみください。

VIP待遇を受けられるセゾンプラチナ・ビジネスカード

法人カードマイルプライオリティパス④
最後にマイルの還元率が良くプライオリティパスの付帯した法人カードを参考までにご紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネスカードと言って、プラチナランクの法人カードとなっています。

法人カードでは最高のプラチナランクながらに、年会費が2万円、前年の利用額が200万円以上の場合はその半額

マイル還元率は業界最高水準の1.125%であり、手厚い保険、もちろんプライオリティパスも付帯しています。

ちなみに同伴者の方は、通常1名につき3,240円ですが、セゾンプラチナ・ビジネスカードプライオリティパスを所持している場合のみ、2,000円で利用することができます。

ぜひおすすめの法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネスカードの詳細はこちら

マイレージを1番お得に利用できるのはこのビジネスカード!

マイル還元率No.1、セゾンプラチナ・ビジネスカード!

法人カード:セゾンプラチナ①
ブラックカードが存在しないため、プラチナカードが最高ランクとされている法人カード。
法人カードを持つのならプラチナランクを持ちたいという方も少なくないはずです。

そしてプラチナランクであり、且つマイル還元率No.1の法人カードがセゾンプラチナ・ビジネスカード

声を大にして言いますが、マイル還元率No.1の法人カードは、セゾンプラチナ・ビジネスカードです!

さらに安心する手厚い保険プライオリティパスなど付帯し、年会費実質10,800円インビテーション必要なし審査が甘いと言われているなど、比較的入手しやすい法人カードとなっています。

マイルの還元率を除いても、企業の社長や個人事業主の方は大変おすすめな法人カードです!

そんなセゾンプラチナ・ビジネスカードをこれから詳しくご紹介します。

この法人カードの詳しい解説!

それではセゾンプラチナ・ビジネスカードの詳しい解説をいたします。
法人カード:セゾンプラチナ②

高還元率を生み出す仕組み

「SAISON MILE CLUB」へ会員登録(無料)を行うことで、セゾンプラチナ・ビジネスカードでの決済1,000円ごとに付与される10マイルに加え、永久不滅ポイントが2,000円につき1ポイント付与されます。

この永久不滅ポイント200ポイントと500JALマイルを交換することができ、マイル還元率No.1が成立します。

これに際し、交換手数料やマイル交換上限数はないため、永久不滅ポイントには有効期限がなく、マイルと交換しない限りは有効期限のないマイルの貯められる法人カードとしても考えられます。(通常は有効期限3年)

法人成りしたばかりでも取得可能

プラチナランクともなればインビテーション(招待状)を待たなければなりませんが、セゾンプラチナ・ビジネスカードは自ら申し込みをすることのできる法人カードです。

さらに審査基準も甘く、発行期間は最短3営業日と言われています。

また年会費は2万円プラチナランクとしては破格の値段ですが、セゾンプラチナ・ビジネスカードでの年間ショッピング利用額が200万円以上の場合は、次年度年会費が10,800円になります!

これはプラチナランクの中で最も安い法人カードとなります!

ちなみにですが、セゾンプラチナ・ビジネスカードは条件が緩和され、企業の社長や個人事業主でない方でもお申し込みができるそうです。

プラチナランクの法人カードが欲しいという方はすぐにお申し込みしてみては?

付帯サービス情報

マイルの還元率が良く取得しやすいだけでなく、付帯サービスも優れているのがこの法人カード。

・海外でのポイント還元率2倍
・空港での待ち時間を快適に過ごすことのできるプライオリティパス
・海外では最高1億円、国内では最高5千万円の旅行傷害保険

などの付帯サービスがセゾンプラチナ・ビジネスカードには備わっています。

マイルを貯めて海外旅行に行きたい!という方には、130ヵ国の1,100ヵ所以上のラウンジを使用できるプライオリティパスの付帯は嬉しい限りですね!

さらに知りたい方は

法人カード:セゾンプラチナ③
マイル還元率No.1法人カード、セゾンプラチナ・ビジネスカードについて詳しくご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?

セゾンプラチナ・ビジネスカードでたくさんマイルを貯めて、最高のプライベートをお楽しみください!

法人カードについてさらに知りたい方がいましたら、ぜひこちらをご覧ください。

こちらからページ先へ移動

ビジネスカードで全日空のマイレージを上手に利用

ANAマイルが特に貯めやすい法人カードのご紹介。

全日空イメージ
全日空のマイレージプログラム、通称「ANAマイル」。

法人カードの利用で上手に貯めて、商品や現金と交換したいと思っている方もいるでしょう。
それが還元率の良い法人カードを選べば叶えることができます!

仕事の効率化として利用した法人カードをプライベートに還元しましょう!

ANAダイナースコーポレートカード

ANAダイナースコーポレートカード
それではANAマイルが特に貯めやすいおすすめ法人カードをご紹介します。

還元率

法人カードの中でANAマイルが特に貯めやすいのは、ANAダイナースコーポレートカード

ANAダイナースコーポレートカードはANAマイル還元率ではトップの1.0%
ANAマイルを貯めたいという方には、おすすめの法人カードです!

その仕組みは、ANAダイナースコーポレートカードの利用額100円に対して1ダイナースクラブ リワードポイントが貯まり、これを1ポイント1マイルに換算することができる、といたってシンプル。

また法人カードでのショッピングでは基本的にマイルには還元されませんが、ANAダイナースコーポレートカードショッピングでも貯められます
ANAと提携しているカードではこのカードのみです。

その他おすすめする理由

付帯サービスはこちら。

・ANAホテルグループ優待サービス
・空港での待ち時間を快適に過ごすことのできるプライオリティパス
・ETCカードが完全無料
・海外だけでなく国内における旅行傷害の保険が最高1億円
・ショッピング保険も年間最高500万円

優待サービスには宿泊料の割引ウェルカムドリンクや朝食の無料サービス保険についてはトップクラスの充実です。

また審査基準について甘いとの意見はないため、やや厳しいと思われますが、年会費は21,600円と抑えられています。

JAL編も気になる方へ

日本航空イメージ
ANAマイルの貯めやすいANAダイナースコーポレートカード

還元率が良いだけでなく、付帯サービスなども優秀なおすすめ法人カードでした!

またJALマイルの貯めやすい法人カードを知りたい方はこちらもご覧ください。

JALマイルの貯めやすいおすすめ法人カード。

ビジネスカードで日本航空のマイレージを上手に利用

JALマイルが特に貯めやすい法人カードのご紹介。

日本航空イメージ
日本航空のマイレージプログラム、通称「JALマイル」。

このJALマイルを法人カードの利用で上手に貯めて海外旅行に…なんて、夢みてしまいますよね。
それが還元率の良い法人カードを選べば叶えることができるんです!

仕事の効率化として利用した法人カードをプライベートに還元しましょう!

それではJALマイルが特に貯めやすいおすすめ法人カードをご紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネスカード

おすすめ法人カード

還元率

JALマイルが特に貯めやすい法人カードといえば、セゾンプラチナ・ビジネスカード
マイル還元率は法人カードNo.1の1.125%にもなります!

JALマイルでも良いという方は、この法人カードにするしかありません!

驚異のJALマイル還元率の仕組みをご説明します。

「SAISON MILE CLUB」へ無料会員登録を行うことで、セゾンプラチナ・ビジネスカード1000円利用ごとに貰える10マイルに加えて、永久不滅ポイントが2000円につき1ポイント付与されます。
この永久不滅ポイント200ポイントと500JALマイルを交換することができ、マイル還元率No.1が成立します。

これに際し、交換手数料マイル交換上限数はなく、永久不滅ポイントには有効期限がないため、マイルと交換しない限りは有効期限のないマイルの貯められる法人カードとしても考えられます。(通常は有効期限3年)

法人カードに直接JALマイルとして貯まる訳ではないのでひと手間ありますが、有効期限を気にせず貯められるのは溢れる心配がなく安心です。

その他おすすめする理由

まずは取得のしやすさ。

・インビテーション(招待状)の必要がなく、自ら申し込みができます。
・審査基準が甘い
・最短3営業日の発行
・年会費2万円、年間200万円以上の利用で次年度年会費半額

インビテーションがなく、さらに年会費最高2万円で済む法人カードとなれば、リスクも少なく初めて申し込む方も安心できます。

そして付帯サービス。

・海外でのポイント還元率2倍
・空港での待ち時間を快適に過ごすことのできるプライオリティパス
・海外では最高1億円、国内では最高5千万円の旅行傷害保険
・ショッピング保険年間最高300万円

JALマイルを貯めて海外旅行に行きたい!という方には、130ヵ国の1100ヵ所以上のラウンジを使用できるプライオリティパスの付帯は嬉しい限りですね!

ANA編も気になる方へ

全日空イメージ
セゾンプラチナ・ビジネスカードという全てを兼ね備えた法人カード

還元率が良いだけでなく、付帯サービスなども優秀な法人カードですので、ぜひおすすめします!

またANAマイルの貯めやすい法人カードを知りたい方はこちらもご覧ください。

ANAマイルが特に貯めやすいおすすめ法人カード。

マイレージがお得なビジネスカードを比べてみた!

マイルの特に貯まる法人カードを厳選比較!

法人カード比較イメージ:TOP
ビジネスシーンでキャッシュフローの効率化を図る役目を担う法人カード。
その法人カードにはマイルに還元できる保険が優れているなど様々なサービスがあります。

マイルにいたっては、経費や出張などで使用した法人カードの利用額が自らのプライベートに還元できたりもします。

そんなマイルに重点をおいて3枚の法人カードを比較してみました。

ANAダイナースコーポレートカード

法人カード比較イメージ①
比較法人カード1枚目はANAマイル還元率No.1の法人カード、ANAダイナースコーポレートカード

ANAダイナースコーポレートカードの利用額100円に対して1ダイナースクラブ リワードポイントが貯まり、これが1ポイント1マイルに換算されます。

法人カードだけでなく、ANAと提携しているカードの中で唯一ショッピングでもマイルを貯めることができ、他のANAカードと比較すると利用できる場面が多くなります。

特徴としては、
・ANAホテルグループ優待サービス
・プライオリティパス
・海外、国内旅行傷害保険最高1億円
・ショッピング保険年間最高500万円

などがあります。

優待サービストップクラスの手厚い保険などが備わっていますが、年会費は21,800円と低く設定されています。

セゾンプラチナ・ビジネスカード

法人カード比較イメージ②
比較法人カード2枚目はひと手間でマイル還元率No.11.125%にもなるセゾンプラチナ・ビジネスカード

さらに換算前のポイントには有効期限がないため、3年間というマイルの有効期限にも捉われません

特徴としては、
・インビテーションなし、最短発行日3営業日
・プライオリティパス
・海外最高1億円、国内最高5千万円の旅行傷害保険
・年間最高300万円のショッピング保険

などがあります。

審査基準はANAダイナースコーポレートカードと比較すると甘く年会費が2万円、さらに年間200万円以上利用した場合は次年度が半額となります。
会社員の方でも申し込める身近で高性能な法人カードです。

Orico EX Gold for Biz

法人カード比較イメージ③
比較法人カード3枚目は低コストOrico EX Gold for Biz

ポイントプログラムが複雑なためご説明しますと、1,000円で「1スマイル」の暮らスマイルが貯まり、「1スマイル」は5円相当になっているため、ポイント還元率は0.6%

またオリコモールという独自サイトを経由して、Amazonなどでネットショッピングをした場合、暮らスマイルとは別のオリコポイントが最大15%貰えるため、ポイント還元率は最大1.1%

1,000オリコポイントとANAは600マイルJALは500マイルと交換することができます。

特徴としては、
・年間利用によって加算されるポイントプログラム
・ETCカード完全無料に加え、高速道路料金最大半額
・海外、国内旅行傷害保険最大5,000万円
・ショッピング保険年間最高100万円
・ライフサポート倶楽部

などがあります。

年会費初年度無料、翌年以降は2,000円と安価であるため、上記2枚の法人カードと比較すると、支払い予定金額が少ない方におすすめです。

結果として一番良いのは…

法人比較イメージ:END
法人カード3枚の厳選比較はわかりやすかったでしょうか?

比較とは逸れますが、個人的な順位をつけるのならば、セゾンプラチナ・ビジネスカードマイル還元率でもコストパフォーマンスでも1位になるかと思います。

しかし、手にする法人カードが見つからない方は、比較だけでなくランキングなども見ることをおすすめします。

法人カードについてさらに知りたい方がいましたら、ぜひこちらをご覧ください。

こちらからページ先へ移動

マイレージがお得なビジネスカードランキング。

マイル還元率優秀法人カードランキング

法人カード還元率ランキングイメージ:TOP
海外出張の多い会社や個人事業主の方が効率化を図るためには必要不可欠といわれている法人カード

そんな法人カードで、マイルが貯まる方はご存知の方も多いと思います。
しかし、そのマイルでをしたりはいませんか?

そんな不安を解消すべく、当サイトではマイル還元率の素晴らしい法人カードのランキングを作成しました。

効率よく仕事をこなせる方なら、効率よくマイルも貯めたいものです。

手短に法人カードを3位まで厳選いたしましたので、ぜひご一読ください!

気になるその順位は!

それではマイル還元率から選ぶ、おすすめ法人カードとして順位付けしたランキングを見ていきましょう!

1位 – セゾンプラチナ・ビジネスカード

法人カード:セゾンプラチナ・ビジネスカード
マイル還元率1.125%と法人カード堂々の1位

独自サイトへの無料会員登録を行い、あとは法人カードの利用で貯まったボーナスポイントをマイルに交換するだけ!
また、ボーナスポイントには有効期限がないため、実質有効期限のないマイル同様。

その他、1位に選ばれる法人カードとしてふさわしい付帯サービスなどをご紹介します。

・年会費2万円、年間200万円以上の利用で次年度半額
・プライオリティパス
・ETCカード完全無料
・手厚い保険

それに加え、審査基準が甘く発行最短3営業日、そしてプラチナランクと、三拍子どころか全てを兼ね備えているため、セゾンプラチナ・ビジネスカードを1位に上げました。

2位 – ANAダイナースコーポレートカード

法人カード:ANAダイナースコーポレートカード
こちらはマイル還元率1.0%となっており、法人カードANAマイル還元率ではNo.1のため、2位に選出しました。

法人カード利用額100円に対して1ポイントが貯まり、1ポイント1マイルに換算されます。

ANAと提携しているカードの中で唯一ショッピングでも貯めることができる法人カードなので、ANAマイルを貯めたい方におすすめです。

プライオリティパスやETCカード完全無料などセゾンプラチナ・ビジネスカード同様にあります。

しかし、海外、国内旅行傷害保険最高1億円、ショッピング保険年間最高500万円と、保険はこちらの法人カードの方が手厚くなっています。

3位 – 楽天ビジネスカード

法人カード:楽天ビジネスカード
3位は楽天ビジネスカード。

マイル還元率は0.5%と平均ですが、ポイント還元率が常時1%、そして楽天市場で購入した場合は最大で5倍にもなります!

ただ注意点としては、楽天プレミアムカードの子カードとして発行されるため、楽天ビジネスカード単体では発行できず、それぞれの年会費を足した12000円が掛かってしまうことです。

しかし、ポイントが個人ポイントとして使用可能セゾンプラチナ・ビジネスカードと同等の保険、それだけでなくプライオリティパスが付帯しています。

プライオリティパス付帯の何が凄いかというと、年会費約4万円プライオリティパスを法人カード年会費最安値で取得できるからです!

ポイント還元率から跳ね上がるマイル還元率ももちろんですが、最も安くプライオリティパスが付帯できることも、3位に選出される大きな要因となっています!

さらに知りたい方は。

法人カード還元率ランキングイメージ:END
マイル還元率から選ぶ、おすすめ法人カードランキングは参考になりましたか?

企業の社長や個人事業主の方のお力になれたのならば幸いです。

法人カードについてさらに知りたい方がいましたら、ぜひこちらをご覧ください。

こちらからページ先へ移動